1年でTOEICを400から900に上げる方法を教えるよ(その4)

それでは前回までに設定した4つのクォーターそれぞれ具体的にどのように学習をすべきかお伝えしていきます。

今回が最終回です。

1Q(目標700点)

ゴール

TOEICで必要となる基本的な語彙をマスターするフェーズです。

単語を見て意味がわかるではなく、感覚的に英単語を英語として理解するところまでをゴールにします。

教材

DUO一択です。

通常の単語帳は1単語1例文ですが、DUOは1例文に複数の単語が詰め込まれています。

これから説明しますが、学習方法的にこれ一択です。

他のものでは時間がかかりすぎるでしょう。

学習方法

すべての例文の日本語訳を見て瞬時に英文に訳すことができるようにしてください。

別売りですがCDが発売されています。

2種類ありますが復習用だけで良いでしょう。

一冊まるごと60分で通して聞くことができます。

学習のコツ

一度に覚えようとしないことです。

3ヶ月あります。

何度も何度も反復して覚えてください。

まとめ

学習の終了段階でTOEICを受けてみても良いでしょう。

その場合は傾向を確かめるために公式問題集を1冊一通りやってから望んでください。

小手先のテクニックは必要ありません。

どのような問題が出てどのくらい時間が足りないのかを把握できれば十分です。

この時点でおそらく700点程度は取れる実力ができているはずです。

2Q(目標800点)

ゴール

既習の公式問題集を時間無制限・リスニング視聴無制限で実施して完答を達成できるというレベルに持っていくフェーズです。

ここでTOEICに必要な技能を一通り身につけます。

文法

教材

薄い英文法の書籍を一冊手に入れてください。

なんでも結構です。

たとえばこんなの

間違ってもForestなどは買わないようにしてください。あれは英文法学の教科書です。そこまで必要ありません。

学習方法

一通り読んで下さい。2,3周読んで頭で理解ができればよいでしょう。

覚える必要はありません。

以降、問題集の解説等を見てもわからないときに参照してください。

リスニング・リーディング

教材

ずばり公式問題集です。

2冊ほど用意してください。

新形式のものが良いと思います。

学習方法

何度も反復してやってみてください。

2冊(4回分)あれば十分です。

飽きるまでやってください。

Part5/6対策

ここは問題集から覚えようとすると量が足りません。
別途専用の書籍を使います。

教材

特急シリーズを買いあさり何度でも反復してやってください。
旧形式のものがほとんどだと思いますが構いません。

まとめ

この時点でTOEICを必ず受験してください。

800点を超えているはずです。

同時に900点の壁の高さに愕然としていることでしょう。

時間があればPart7は全問正解できるのに、全然足りない!

Part5/6でどうしても落としてしまう!

リスニングがどうしても聞き取れない!

安心してください。そのために800点までの道のりを大急ぎでやってきたのです。
あと半分時間はあります。

ここからがTOEICの本番です。

理解するではなく、感覚でわかる。

これができるかできないかが、800しか取れないか900取れるかの境目です。

3Q(目標850点)

教材

TOEIC模試形式の問題集をありったけ購入してください。

公式を買ってもいいですし、日本語の問題集もあります。

韓国の問題集なら10回分入って2000円とかで買えます。興味があれば検索してみてください。

色々と面倒ですが韓国のサイトから購入できます。

解説等は韓国語ですが800点取れる現時点では不要でしょう。

私は30回分程度用意しました。

旧形式でも別に良いと思います。

私はすべてのフェーズに関してほとんど旧形式の教材でやっています。

また、このノリのテクニック本を1冊読んでもいいでしょう。

振り返ると特におすすめしませんが、損にはなりません。

学習方法

まずは2Qと同様、時間をかけても同様に完答できるように。

次に時間通りに説いて9割の正答ができるように。

なんどもなんども繰り返してください。

私は毎日かならずL/R 1セットずつ電車でこなしていました。

まとめ

上記をこなせばかなり感覚的に問題が解けるようになっているはずです。

副詞か形容詞化なんて考えなくても選択できるはずです。

ここで一度TOEICを受験してみましょう。

900点超えする方もたくさんいらっしゃると思います。

4Q(目標900点)

教材

特に追加の必要はないでしょう。

3Qのものをそのまま使ってください。

学習方法

前回のテストの結果はいかがでしたか?

ここまでくれば、LかRどちらが苦手か、どちらを伸ばせば効率的か、ご自身でわかってくると思います。

私は最終的に935(L445/R490)でした。

Lがあまりにも不得手だったためRを徹底的にやっつける作戦を取りました。

Rはおそらく1問間違え程度だと思います。

統計的には、RよりLで点数を稼ぐほうが圧倒的に簡単なようです。

L苦手な方は苦労すると思いますがもう一息頑張りましょう。

最後に

4Qまでこの通りにこなせば、あなたのTOEICの点数は絶対に900点を超えているはずです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大広告