愛車探しの旅その7 / 完結編

Previously,

  • V40にする
  • 「ブリッジSMAVO」落ちの半年〜1年・3000キロ程度の中古車が新車-100万円くらいで超お得なので初年度2018年に絞る

ということまで決まっていました。

そして家族会議の結果、

  • 色はパッションレッド
  • グレードは特にこだわりなく
  • エンジンはディーゼル

ということに。

じゃあ何を買うかですが、半年〜1年前に出ていた特別仕様車の球数が多いです。

二種類あります。

  1. ダイナミックエディション
    Kineticベースでナビ・その他上位グレードの装備がたくさん・18インチアルミがついたモデル
  2. ナビエディション
    Kineticベースでナビ・ドライブレコーダー・PCCなどがついたモデル

ほぼ中古車の値段は変わらないのでダイナミックエディションのほうがたぶんお得なんですが、18インチアルミにしてくれなくてもいいんですよね。むしろ16インチでいい。それよりもドライブレコーダーのほうが嬉しいのでナビエディションに決めます。

ナビエディションの赤は球数が本当に豊富なので首都圏だけでも20ほど在庫があります。
なので試乗させてくれた近所のVOLVOに電話して見に行きます。

前回の試乗はガソリン車だったので、念の為ディーゼル車の試乗をして(パワーと静かさにびっくり)、車探しの旅は終了しました。

納車って案外早いんですね。土曜に契約して今週末になりました。

キャンプに行くためにキャリアボックスを付ける予定で、ベースキャリアを純正にするか別でつけるか悩みましたが、悩んでいるのが車自体の購入と勘違いされていたようで、なんとおまけしてくれると言うのでつけてもらいました。

純正のベースキャリアはTHULEのOEMのようですが取付バーの部分が既存の形状と全く異なります。
THULEのルーフボックスがはたして問題なくつくのか若干心配になっています。

次回からはV40純正ベースキャリアにつくルーフキャリア探しの旅が始まります。

お楽しみに。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大広告