E-M1での子供撮りにはニンジャストラップとC-loop miniの組み合わせが最強である

私の被写体はほぼ100%、3歳の息子であります。

子供を抱っこしたり、子供と手を繋いで歩いたり、要は世話をしながら撮影する上で純正ストラップが常々使いづらいと考えておりました。

使いづらいポイントと解決方法。

  1. 自身が動き回る上でお腹のあたりでカメラがポンポン動き回るのが邪魔

    たすきがけにすれば良いのではないかと考えて実行しました。
    少し短いですが固定ができます。しかし、撮影するときは再度首にかけ直さなければならないわけです。
    グーグル先生に聞いてみると、ニンジャストラップ、ピークデザインなど、撮影しないときには短く、撮影するときには長くできるジャンルがあるではないですか。
    どれも一長一短。
    私はピークデザインよりもさっと長さが調整できる点を重視してニンジャストラップを選択しました。
    余ったストラップがブラブラして気になるという点は実際に使ってみるうちに全く問題ないことがわかりました。
    こちらは後述します。

  2. 特に長いレンズ(12-40mm F2.8とか40-150mm F2.8だと子供の頭にあたって危ない

    これもグーグル先生にお伺いを立てたところすぐに見つかりました。
    C-LOOPという製品です。
    とてもクールなアイテムで三脚ネジ部分に取り付けることでストラップを固定することができます。
    片方を通常のストラップの位置に留めて、片方を三脚ネジ部分に留めることでレンズを下向きにしたまま持ち運ぶことができるのです。
    僕こういうのが欲しかったんだと思わず叫びそうになりました。

購入を検討されてる方へ

このページを見ているということはおそらく、ある程度調べた上で類似品との比較や、製品のバリエーション選択に悩んでのことでしょうから、私が悩んだ点について私の考えを書きたいと思います。

ニンジャストラップ一番の懸念点、ストラップの余りは気にならない

ニンジャストラップ最大の懸念点だと思います。

気にされている方も多いのではないでしょう?

しかしこれがネックで別製品を検討されているのであれば、おそらく全く気にならないであろう、もしくは二・三日使うと全く気にならなくなるであろうと私は思います。

ニンジャストラップを早速ポチることをおすすめします。

重要度は、すぐに長さを調整できること>>>余りの紐です。

ニンジャストラップのストラップ幅は38mmでよい

ニンジャストラップの公式ページではレンズ込みの重量が1.5kg以上なら38mm、それ以下なら25mmが良いと記載されています。

E-M1であれば40-150mm F2.8を付けても1.5kgにはなりません。

ニンジャストラップのサイズ選びでお困りの方は多いと思います。

私もそうでした。

そこで実物を見に行ってみました。

実物をみた感じでは25mmは細すぎます。

たとえ17mm F1.8程度の小さいレンズを付けていてもです。

基本的にオリンパスであればOMDシリーズ以上は38mm、それ以下のモデルであれば25mmで良いと思います。
もしくは男性は38mm、女性は25mm。

私は170cm程度で小柄な方ですが、全く全く全く太すぎることはありません。

C-LOOPはminiバージョンが良い

これも悩むポイントです。

大は小を兼ねる。

これはC-LOOPには当てはまりません。

なぜならC-LOOP miniであってもE-M1につけるとはみ出すからです。

Miniでも若干はみ出すのに、通常のC-LOOPであればもっとはみ出します。

大きい方がより固定されて安全だというのはサイズがピッタリ合ったときの話で、はみ出してしまうようでは逆にminiのほうが安全だと思います。

そもそもネジの大きさは一緒です。

まぁ、デザインが好きで通常のC-LOOPにしたいという方はお好きにしてくださいまし。

まとめ

E-M1で子供を撮っている方はぜひ一度ニンジャストラップ+C-LOOP Miniをお試しください。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大広告