サーファーのスマートウォッチはGarmin+SurfTracker2を激しくおすすめしたい件

波乗ってますか?ネットサーフィンではなくて海でやるサーフィンの方です。サーファーでガジェット好きなら波乗りにも使えるスマートウォッチが欲しくなりますよね。現時点でサーファーが持つべきサーフウォッチを私の失敗を交えてお話しします。サーファーの

これ、昨年書いたんですが毎日毎日かなりの閲覧者が来てくださる人気記事になっています。

この記事では以下の通り結論としました。

サーフィン用にSearchGPS、普段用にAppleWatchでも買うのが最も良いというのが結論です。

しかし、皆さん一台のスマートウォッチでサーフィンから日々のスマートライフからすべて賄えるものが欲しいんです。

だからこそ辺境の私のサイトにまで毎日沢山の人が来てくださる。

あなた達のために私は声を大にして言いましょう。

前回の記事を書いてからから、Garminのスマートウォッチで使えるサーフィンアプリは安定し、さらに大きく進化したんだようと!

SearchGPSにはかなわないけれど、携帯からの通知を受けたりサーフィン以外のアクティビティログも管理してくれる汎用スマートウォッチとしては、サーフィンでもかなりの精度で記録が出来るようになりましたようと!

実際問題、最初の記事を書いたときはサーフィンアプリのSurfTrackerが使えなくなってしまっていましたのでおすすめはしづらかったんですが今なら問題なく使えます。

サーフィンのためだけに使うならSearchGPS一択ですが、色々なことに使いたい、できればサーフィンにもという方であればGarminをおすすめします。

SurfTracker2で何が出来るのか?

時間や移動距離や消費カロリーがわかる。

IMG 0025

地図上で移動とライディングが確認できる。

IMG 0026

ライディングを数値で確認できる。

IMG 0027

ちなみにSearchGPSだとすべてのライディングの数値を確認できますが、Garmimnはラウンドの合計および最も良いライディング1本分しか確認できません。記録としてではなく、サーフィン上達のためのログを取るんだという方はおとなしくSearchGPSを買いましょう。

サーファーにおすすめのGarmin

VivoActive3がおすすめです。まぁなんだっていいのですけど、ランニング用を買う必要も無いでしょうから。

SurfTracker2のインストール方法

SurfTracker2はデータフィールドとして提供されています。使い方に迷われる方もいらっしゃると思いますので解説しましょう。

詳しくはフォーラムがあります。

インストール方法

  1. スマホからCONNECT IQ(APP Storeみたいなもん)でSurfTracker2をダウンロードします。
  2. Garminとスマホを同期します。
  3. Garminの設定画面に入り、Setting – Apps – SUP – SUP Setting – Datascreens – Screen1 – Layout – 1 Fieldに設定
  4. Setting – Apps – SUP – SUP Setting – Datascreens – Screen1 – Edit Data Field – Connect IQ – SurfTracer2を選択

VivoActive2 [言語英語]での表記のため機器によって若干異なると思いますが同じような感じで行けるはずです。

また、スマホアプリからSurfTracker2の設定を変更できるようになっていますので試してみてください。

例えば6秒以下のライディングは計測しないなどのしきい値を設定できます。

これはホームポイントに応じて変えればいいと思います。湘南の膝波でデフォルト設定だとほとんど計測されません。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大広告

コメント

  1. 優柔不断 より:

    はじめまして。
    貴重なレポートありがとうございます。
    私はジョギングとサーフィンと普段使いにvivoactive3 music を検討しています。タイドグラフアプリが日本では使えないとのことでしたが、その後状況は変わらないでしょうか?使えるようになっていたら即決ですが、使えないとなると後悔しそうで躊躇しています。
    湘南と千葉があれば良いのですが。
    よろしくお願いします。

    • itomaki より:

      久しぶりにストアを覗いてみると、worldtide.infoというサイトがWidgetをリリースしていました。ちょこっと触ってみましたが湘南は千葉南の白浜海岸、千葉北の一宮で館山のタイドグラフが表示されるため少しずれています。
      なお、Widgetが起動するたびにデータを取りに行くので単体では動きませんので使いものになリませんね。
      あと、1000リクエスト/4ドル程度お金がかかるみたいです。