Gillette Superspeed Redtip

初めて購入したVintage Gilletteである。
(実際にはFatboy/Flaretip Rocketのほうが後から購入して先に到着したのだが。)

そもそも現行Gillette等の多枚刃カートリッジのボッタクリに嫌気が差し両刃カミソリを使い始めたのにもかかわらずまさか再度Gilletteを買うことになるとは思っていなかった。

さて、諸先輩方のブログやBadger&Bladeを読み漁り欲しいと思ったのが以下のホルダー である。
⁃ Redtip
⁃ Fatboy or Slim Adjustable
⁃ Aristocrat #15

RedtipであればeBayに常に出品はされているし価格も手頃ということもあり、まずはものの試しということで、ほどほどの個体をほどほどの価格で購入した。
日本円で送料込4,000円くらいだったと思う。

薄汚れているが、塗装が剥げたりクラックがある訳ではない、普通の個体である。
デートコードはF2なので1960年生まれである。
もちろん私よりも先輩だ。

なんか茹でろとかピカールで磨けとか、いや茹でたり研磨するとハゲるとか、歯ブラシで擦れとか、いろいろな宗派があるようである。面白いので色々と調べたのであるが実際には面倒なので一切何もしていない。そもそも私はブラシでさえブレイクインせずに自然に脂が落ちるのを待つタイプなのである。まあ、茹でているのを嫁に見つかると怖いというのもある。

使用感

初見、かなり小さいと思った。実際にDE89よりもハンドルがかなり短く、全体的にこじんまりしている。しかし、ずっしり重い。また、Flaretip Rocketと比べるとハンドルは太くて安定感がある。個人的にはこのくらいのほうが持ちやすくて好きだ。
RedtipはSuperspeedファミリーの中ではアグレッシブと言うことであり確かに手持ちのFlaretip Rocketと比べるとそうかもしれないが、今時の基準で言うとマイルドな部類であると思う。
にもかかわらず剃り上がりにどうもヒリヒリすると思うことが多々あり、合わないのかなぁと思っていたが意地になって使っているうちにいつの間にか克服した。
今となっては何が悪かったかは分からないが、適当に剃ればそれなり、丁寧に扱えば肌に優しく十分な深剃りができるホルダーだと認識している。恐らく雑に剃りすぎたのであろう。なお、私の顎下の毛は寝ていて剃り残しが出やすいのであるが、ikon102に次いで綺麗に剃れる。
R89、DE89、34Cなんかを使っていてOLD Gilletteを使ってみたい人のFIRST Gilletteにも全く違和感がないと思う。しかし面白みも無いかなぁとも思わないでもない。良いホルダーでかなり気に入って使っているがFirst GilletteにはFATBOYかSlim Adjustable(使ったこと無いけど)を個人的にはおすすめしたい。

私のような若輩者が私より年上のカミソリのレビューなどおこがましいが折角買ったので書いてみた。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大広告