テクノロジーの進化スピードが早すぎる件

自分のやってきた仕事を振り返る機会があったのですが、テクノロジーの進化スピードの速さを改めて感じました。

ここ20年ほどを振り返ってみましょう。

1995年 Windows発売

まだ中学生の頃ですがこの頃はまだ一般家庭にはパソコンはなかったですよね。

パソコンがマニアだけのものだった時代です。

2001年 パソコン普及率50%超へ

GUIが普及してたった6年で一般家庭でのパソコン普及率が50%を超えています。

私がパソコンに触れたのもちょうどこのくらいの時期です。

Yahoo!BBもこの年ですし、ブログが出始めたのもこのあたりですね。

「総務省|平成25年版 情報通信白書」が詳しいです。

2007年 iPhone発売

本格的に普及することになるiPhone3Gは2008年ですね。

パソコンが普及し始めてたったの6-7年でiPhoneが発売されているんですよね。

ものすごいスピードです。

Facebook/Twitterなどのソーシャルが本格的に普及し始めたのもこの辺ですね。

2017年 AI/IoT

こう見るとそれまでの進化のスピードに比べて、iPhone発売後減速しているように感じます。

もちろん、iPhone発売時には通勤電車で映画が見られるとは思いもよらなかったですし、進化はしているんですけどね。

ここ10年の停滞を打ち破るのがAI/IoTなのだと思います。

10年後どのような世の中になっているんでしょうね。全く想像がつきません。

おわり

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大広告