IPOはじめました

IPOってますか?

お金大好きいとまきです。

IPOは「Initial Public Offering」の略で、要は株式の新規上場って言うことです。

上場にあたり、事前に株主の持っている株の一部が証券会社を通じて一般の投資家に割り当てられます。

あたりまえですよね。流通する株式が無いと上場にならないですから。

一般の投資家にとって何がいいのかっていうと、たいてい公募価格(事前に設定された開始価格)を初値(上場後についた価格)が上回るんですよね。

要は、儲かるんです。

今年IPOを行ったユーザーローカルなんて1単位で100万弱儲かってます。

ほしい!どうやって買うの?

証券会社で申し込みます。

現時点の状況だとほぼノーリスクで10万円単位の儲けが出るわけですから買いたい人がたくさんいますので抽選です。

IPOの銘柄によって抽選に申し込める証券会社が違うので、沢山証券口座を用意しました。

  • SBI証券
  • 楽天証券
  • マネックス証券
  • カブドットコム証券
  • 松井証券
  • 野村証券
  • みずほ証券
  • 大和証券
  • SMBC日興証券
  • 岡三オンライン証券
  • いちよし証券

半分くらいはもともと持っていた口座なのですが、半分は新規開設なので結構大変でした。

毎日のように証券会社から書類や書留が届きます。

書類もあれ出せこれ出せ煩いです。

嫁がまた馬鹿なことを始めよったと冷たい目で見てきます。

息子は書類を開けるのを手伝ってくれますが中身もついでに破ってくれます。

紆余曲折を経て、ようやく証券口座が開設されます。

が、当たりません

毎週のようにコツコツ申し込んでいますが全く当たりません。

テキ屋のくじ引きのごとく、あたり入ってねーんじゃネーノというくらい当たりません。

IPO関係のブログを見ると1年に1度当たれば御の字みたいな感じで書いてあります。

そりゃそうですよね。

IPOは儲かりますから、証券会社もIPOでしか使ってくれない客よりもお得意様に配布したいですよね。

当たりまえです。

なので、完全に抽選で当たるのは10%程度と決められている証券会社がほとんどです。

証券会社に手数料を落とさず、IPOの利益だけを狙っていものへの炊き出しは殆どないのです。

数少ない炊き出しを皆で分け合うのです。

そりゃぁ当たりません。

30万当たるとしてIPO申込と当選確認に費やす時間を考えると割にあわないですね。

まぁ、しばらくは「趣味」として続けてみようと思います。

おわり

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大広告