英検一級 合格者の声をまとめてみた

こんにちは、英検一級の公式問題集のあまりの高さに卒倒寸前いとまきです。

合格者の声をまとめてみました。

やはり語彙力がキーワードですね。

とりあえず公式問題集を一度やってみないと話にならないですね。

語彙力

まず英検1級の合格を難しくしている大きな要因の一つが、
覚える必要のある単語数が圧倒的に多いということです。
英検準1級の合格に必要な単語数が7,000程であるのに対し、
英検1級ではおよそ14,000単語を知っている必要があると言われます。
その量は、なんと2倍あります。`
(出展:3流大学生がたった一発でTOEIC900点を取得した勉強法

試験も問題集も語彙のセクションから始まるのが、まずは第一の洗礼です。`
問題集を開いても、難しくて勉強のやる気が削がれる削がれる…。`
それでもめげずに問題集をやり進めていくと、長文は語彙問題に比べると
難解な単語ばかりじゃないと分かるのですが、そこにたどり着く前に、
問題集を閉じてしまう危険性があります。
(出典:英検1級受験レポート

【必要な語彙数】
TOEIC(約5000語~6000語)
高得点(900点)を狙うには、英検2級程度の語彙数があれば事足ります。
準1級レベルの語彙があれば、必要な語彙は充分すぎるほどカバーできてしまいます。

英検1級(約12000~15000語)
合格を狙うには、10000語を超えたあたりで、ようやく勝負に入る準備ができたかな、
という感じ。これに達していないと、語彙問題はもちろん読解もボロボロになります。
最低でも12000語は必要でしょう
必要な語彙数は、約2倍も違うことになります。
(出典:しまなみ英語BLOG

以前は25/51点が語彙問題の占める得点だったのに対し、
それが今では25/41点ということになります。英検がリニューアルされてから、
明らかにリーディングパートの語彙の占める割合が増えました。
(出典:しまなみ英語BLOG

リーディング

多分今まで受けた英語試験の中で、一番の難易度です。
TOEIC(トーイック)は文章自体は難解ではなく、
難しいのは大量にある問題を早く読んで制限時間内に終わらせることです。
TOEFL(トーフル)は、北米の大学で渡り合っていくために必要とされる
レベルの内容でTOEICよりも一つ一つの長文が長くアカデミックな
内容になっていますが、まだ英語学習者向けな雰囲気があります。
英検は、容赦ない感じ。「容赦ない」というのがしっくりくる。
大人の母語話者向けな雰囲気。読んでいて致命的に迷子になることがあります。
(出典:英検1級受験レポート

リスニング

私が英検1級の勉強を開始したのは英検準1級に合格し、TOEICで920点を取った後でした。
それでも英検1級の勉強を始めたときはリスニングの音声が何を言っているのか全く分からず、
思わず笑ってしまうほどでした。
(出展:3流大学生がたった一発でTOEIC900点を取得した勉強法

【リスニングの難易度】
TOEIC(標準)
基本的に標準的です。パート1や2など、苦手な人でもある程度正解できるような
簡単な問題が多いのも特徴。難しい問題は1部だけです。数問の失敗なら満点も狙え、
割と高得点がとりやすいです。

英検1級(やや難~かなり難)
実は読まれるスピードにはそこまで大きな差はありません。
英検1級の方がTOEICよりも少し速いぐらいでしょうか。
なぜTOEICのリスニングより難しいのかというと、読まれる文がかなり長いんです。
話の内容や単語のレベルもけっこう高く、パート2に至っては、
英検準1級~2級レベルの長文問題のリスニングバージョンです。
パート4のインタビューは生の英語で3分ぐらい読まれ、
スピードはかなり速く訛りもあります。
(出典:しまなみ英語BLOG

ライティング

時事的な内容(「国際的なテロは根絶できるか」等)に関して、
いっちょ意見を書け、と言われます。
「以下から3つに触れなさい」と論点(経済的不平等、歴史的背景、国際関係、武力行為 等)
を与えてくれるのは、とっかかりのために助かります。
…が、英語力だけじゃなくて、いろいろ問われるところが辛い。
(出典:英検1級受験レポート

ライティングは意外と対策しやすくて、しかも1番早く点数をUPさせられるパートです。
(出典:しまなみ英語BLOG

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大広告