車は何年乗るべきか〜車買替えの極意

こんにちはいとまきです。

愛車のステップワゴンが13年めの車検の時期になりまして、正直そろそろ買い替えてもいいかなと思い色々と調べてみました。

ところで、今時の車は300万はみないといけないんですね。
安全機能やら電動スライドドアやらバックガイドモニターやら色々つけるのが普通になってきています。

ステップワゴンは税金も込みで200万でした。

買えないことは無いんですが、買いたくないなぁと思ったので買わない理由としていろいろ考えているうちに「車買替えの極意」にたどり着きました。

皆さんに伝授したいと思います。

車買替えの極意

コストを調べてみよう

買わない理由ってお金以外にないですよね。

無尽蔵に金があるならいくら車は走れば良いと思っている私でも買いますよ。

では、車って何年くらい使うものなのでしょう?

というより何年使えば値がつかなくなるんでしょう?

詳しいことはわかりませんが、ディーラーに車検に持っていくと7年位までは下取り乗り換えの営業を受けていましたが最近は単に買い替えの営業しかされません。

ということは10年位でほぼ値がつかなくなるんでしょう。

法律上は4年ですが償却期間を10年として計算してみると、新しく買う車が300万なら、30万/年ですね。

買い換えるのと乗り潰すのはどちらが有利なのか?

ということは今の車は償却が終わりコスト無しで乗れているということになります。

しかし、車は長く乗ると色々とガタがきます。

タイミングベルトやスライドドア、パワーウインドウ

以前パワーウィンドウが壊れたときは5万ほど取られました。

ということはこういう式が成り立っている限り古い車に載り続けるほうが良いということです。

30万 > 修理コスト+買替えメリット

正直修理コストが年間30万を超えることはありません。

そもそもエンジンが壊れたら買い換えるよりほかないわけですから。

タイミングベルトといっても10万程度のようですし。

よって言い換えると、旧車に乗ることによる修理コストを多めに見積もって年間10万とすると、新車に乗ることにより年間20万以上のメリットをえられるのであれば買い替えするべきと言うことになります。

車買替えの極意

30万 > 修理コスト+買替えメリット

この式が成り立つ限りは買い換えるべからず

私の結論

新車に買い換えることによって得られるメリットとは何なのでしょうか?

人それぞれだと思いますが私はこんな感じです。

それぞれ値段も付けてみました。

  1. 新しい 1万/年
  2. スライドドアが電動になる 2万/年
  3. 家のローンがきつくて車も買えないとか陰口を叩かれる心配がなくなる 2万/年
  4. 衝突回避や自動運転的なものがつく 3万/年
  5. 故障することに怯えなくても良い プライスレス

私にとって正直上4つはほぼどうでも良いんです。

特に衝突回避システムは発展途上で中途半端です。

少なくとも複眼カメラ+レーダー+もう少し賢いAIが搭載されるまではまだおもちゃです。

最後5つ目はプライスレスですね。なにより大事です。

結局私にとっては車は安全に走ることがほぼ全てだと言うことが再確認できました。

今の車は13年ですが高速道路に乗るときも特に不安を感じることはありませんのでまだ乗り続けようと思います。

あと車検2回17年まで乗れれば大往生ですかね。

所で、さっきディーラーから電話があり、あと一回車検通すと言ったらがっかりしてました。

変人の客でごめんね。

終わり

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大広告