3歳からの幼児撮り望遠レンズに40-150mmf2.8を選んだ訳(マイクロフォーサーズ)

息子ももうすぐ3歳

来年から幼稚園に上がる予定です。

以前こんな記事を書きましたが、2歳までしか無いんです。

それは息子が2歳だったから。

一眼レフカメラを買いたいと思う時 NO1は子供が生まれた時です。(いとまき調べ)ではどのようなレンズを買えばいいのか?悩みますよね。私もハゲるくらい迷いました。えっ!カメラのレンズ選ぶくらいでハゲちゃうの?安心してください。代わりに私が禿げ

3歳になると何が変わるのか?

動き回るようになります。

それも尋常じゃなく。

今まではお父ちゃん、お母ちゃんがそばにいてその周りをチョロチョロを動き回るだけ、地球と月のような関係でした。

それが3歳に近くなってくると、一人で遊び出します。

バーっとかけていき一人で滑り台

バーっとかけていき一人でボール遊び

まるで太陽の周りを公転する地球のように、親子の距離感が離れていきます。

息子よ大きくなったなぁと目を細めつつ、45mm(35mm換算90mm)では豆粒のような息子しか撮影できなくなり残念な思いもよぎるようになってきました。

さらに幼稚園では色々なイベントごとも

そうです。入園式から始まって学芸会や運動会など園内イベントが目白押しになるのです。

これはもう望遠レンズを買わないといけないという義務感にかられるわけであります。

しかもつい先日ボーナスも出た。

いつ買うの?今でしょってなもんです。

どんなレンズを買えばいいのか?

望遠と言っても色々とあります。

条件をまとめてみましょう。

  1. 中望遠からそこそこの望遠まで対応できること
    100mm(換算200mm)始まりなんかのレンズだと近くに来たときに対応できませんから、ワイド端はできるだけ広角よりな方がいいわけです。
    パナソニックの35-100mm、オリンパスの40-150mm、高倍率の14-150mm、オリンパスの12-100mmなんかが候補に上がるわけです。
    広角から始まる14-150mmや12-100mmなんかはそれこそこれ一一本で子供撮りに必要な画角を持ち合わせているといえるでしょう。
  2. 明るければ明るいほど良し
    そうです。幼稚園の室内イベントを忘れてはいけません。
    今時のカメラは手ぶれ補正が付いていますが、子供は止まってくれません。
    背景はバッチリ止まって息子だけがぶれている。
    そんな写真は嫌ですよね。
    F2.8通し、妥協してF4通しのレンズがほしいところです。
    そうなると35-100mm F2.8、40-150mm F2.8、12-100mm F4あたりに候補が絞れてくるのです。

では何を選ぶか?難しい所です。なぜなら大きさ、明るさ、価格、全てにおいて完璧なレンズは無いからです。

それぞれのレンズの特徴を考察してみましょう。

  1. 35-100mm F2.8
    35mm始まりは使い勝手が良さそうです。さらに3つの中では軽くて安くてF2.8通しです。
    しかし望遠側が100mmまでしか無いので普段使い and 室内イベント用と割り切って買うしかなさそうです。
    運動会などは別の望遠レンズ、それこそ以前に買ってすぐ売った45-175mmなどを追加する必要があります。
    写りもごく普通な印象です。
  2. 40-150mm F2.8
    素晴らしい写りでF2.8通し。40mm始まりなのは許容範囲内でしょうか?
    しかしながらでかくて重くて値段も高い。
    でもこれを買ってしまえば子供を撮る上で明るさも望遠も足りなくなることは考えられません。
    テレコンを使えばF4になってしまいますが望遠側が210mmまで伸びます。
    12-40mm F2.8を持っていますので何でもこの二本で撮れるようになります。
  3. 12-100mm F4
    12mm始まりです。しかも写りも良い。
    これを買うと12-40mmは売ってしまうと思います。
    ほぼこれをつけっぱなしになると考えると重くて大きいのがネックです。
    望遠が100mmしか無いのとF4というのも中途半端です。
    これは望遠レンズとしてではなく12-40mmF2.8と比べるレンズでしょう。

いとまきが選んだレンズは?

40-150mm F2.8です。

かなり悩みました。

値段は中古がこなれているのでいいんですがやはり大きさが。

しかし35-100mmF2.8を買っても12-100mm F4を買っても、いずれなんだかんだ理由をつけて40-150mm F2.8が欲しくなるのは明白です。

重ささえ我慢すれば、レンズの交換さえ厭わなければ、人の目をきにしなければ、40-150mmF2.8が最も良いに決まっていますから。

ということで昨日夜中に少しお酒が入っている状況で中古の良品をポチってしまいました。

「xxくんのお父さん、あんな大きなカメラ持って何撮ってるのかしら?いやらしいわ。目つきも怖いし、いつも鼻息荒いし、なんか存在が卑猥。」とか言われないように身なりと挙動には気をつけて息子の可愛い写真をたくさん撮りたいと思います。

また、レンズが届きましたら使い勝手など含めてレビューしたいと思います。

おわり

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大広告