東京駅で見られる新幹線事情(2018.04)

子供が電車(新幹線)にハマったお父さん、お母さん。

今週末にでも東京駅に連れて行ってあげてください。

たった140円(小児70円)で新幹線が見放題です。

見られる新幹線は以下の通り

  • 東海道・山陽新幹線:のぞみ ひかり こだま
  • 東北・北海道新幹線:はやぶさ はやて やまびこ なすの
  • 上越新幹線:とき Maxとき たにがわ Maxたにがわ
  • 北陸新幹線:かがやき はくたか あさま
  • 秋田新幹線:こまち
  • 山形新幹線 つばさ

車体としては、N700系、E5系・H5系、E2系、E7系、E6系、E3系ですね。

何も考えずに東京駅の20番線21番線ホームにいるだけでかなりの種類の新幹線に出会えます。

しかし、連結車両(というより「こまち」と「つばさ」)については本数が一時間一本くらいしか無い時間帯もあるので調べていったほうが無難でしょう。

ほかの車両については20-30分もいればお腹いっぱい何回も見ることが出来ます。

はやぶさ/こまちの連結

時間帯はJR時刻表から確認できます。
こまちには必ずはやぶさが連結していますので秋田新幹線の時刻表を見てください。

スクリーンショット 2018 04 04 16 58 52

「はぶ・こ」が連結車両であることを表しています。

大体15分位前にホームにいれば到着〜発車まで堪能できます。

ちなみに連結部分は10号車から11号車付近です。

位置関係はこまちが前(上野方面)です。

やまびこ/つばさの連結

時間帯は同じようにJR時刻表から確認できます。

つばさのほうが本数が少ないので山形新幹線の時刻表を見てください。

スクリーンショット 2018 04 04 17 08 04

「や・つ」が連結車両であることを表しています。

こちらも大体15分位前にホームにいれば到着〜発車まで堪能できます。

こちらも連結部分は10号車から11号車付近です。

位置関係はつばさが前(上野方面)です。

休日に見に行くなら、オススメは

10時45分くらいに着くように行って「やまびこ/つばめ」を見ます。

「やまびこ/つばめ」が11時に発車したらホームを移動して11時5分くらいに到着する「はやぶさ/こまち」を堪能します。

その後しばらくいればお昼までにはもうお腹いっぱいです。

それから丸の内でお昼をたべるのもよし、上野まで「はやぶさ」に一駅乗って京成スカイライナーを見に行くもよし。

それではたのしい列車ライフを!

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大広告