愛車探しの旅その4 / VOLVO V40

さて、第4弾はVOLVO V40であります。

安全性能といえばVOLVOという声が大きいため私の中でぐんぐん評価を上げていた一台です。
実際に見ても大きすぎず良いサイズです。

全長:4,370
幅:1,800

ただし、ここまで短いとキャンプに行くにはルーフボックスなり外付けのスペースが必要です。普段はトランクで事足りますので割り切ってしまえばそのほうが良いのかもしれません。

外見は好みです。首都圏なら走っているのかもしれませんが私の住んでいるところではほとんど走っていないのも良いです。

さて早速試乗です。
モデルはT3、ガソリンバージョンです。

結論から言うとかなり気に入ってしまいました。
安全性能が半端ないです。一例を上げると、

  • クルーズコントロール
    一般道で試させてもらいましたが、十分使えます。
  • 車線変更用のセンサー
    死角になっている車などがいて車線変更のタイミングではない場合にサイドミラーのランプが付きます。私は特にいりませんが嫁には最高の機能です。
  • バック用センサー
    バックするときに見えないところから車などが来ていないか知らせてくれます。これも嫁に便利。

正直もうこれでいいんじゃないかと言うのが試乗後の感想です。
VOLVOはオプションがほとんど無いのも良いです。安全装置はクラス関係なくついています。カーナビも真ん中以上ならついていますし、しかも1種類しかありませんので迷う余地なしです。それ以外は細かいものだけです。なので中間クラス以上ならオプションは基本なんにもいりません。

見積もりは中間クラスに延長保証と延長メンテナンスをつけただけのもので、430万円也。私は値引き交渉程々にしかしないので、おそらく400万チョイくらいですかね?
そもそも外車なら中古車にする気だったので価格交渉はとりあえずせずに一旦帰宅

ここで安全性能に魅了されすぎて、安全性能の弱すぎるシエンタ、フリードはなしの方向性に。
また、いわゆるCセグメントならV40だということで嫁さんとも意見が一致。ベンツとかプジョーとか荷が重いし。合わせてジープは正規ディーラーが遠すぎるので却下。
一方で国内最強の安全性能を誇るといわれるスバルを見てみることになりました。
対象車種はインプレッサ or XV。XVなら見た目もV40に似てますし。

ということで、つぎはスバルに突撃します。

購入可能性[V40試乗前]

FREED 5%
SIENTA 40%
V40 30%
その他 25% (ベンツAクラス、ジープ レネゲート、プジョー308など)

購入可能性[V40試乗後]

V40    70%
スバル 30% (インプレッサ or XV)

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大広告