中古車か新車か

所有か賃貸か、戸建てかマンションか、新築か中古か
住宅に関する有名な命題ですよね。いろいろなところで議論されています。

車も、新車か中古か、外車か国産車か、などなどで迷われる方がたくさんいらっしゃると思います。

ここで「新車か中古車か」という議論に私が一定の答えを出そうと思います。

新車か中古車かの比較には2軸での比較が必要です。
つまり、定量的比較と定性的比較です。

比較公式を導こう

定量的比較

大抵10年も立つと中古車としてほぼ値がつかなくなることが多いようです。よって車の経済価値的な寿命は10年ということになります。

つまり、新車と中古車の定量的比較においては以下の式が成り立ちます。

新車を買ったほうが良い場合

中古車価格>新車価格➖新車価格➗120ヶ月✖購入時からの経過月数

中古車を買ったほうが良い場合

中古車価格<新車価格➖新車価格➗120ヶ月✖購入時からの経過月数

さて、次に定性的な項目について比較です。

定性的比較

要は価格以外の新車のメリットです。
例えばこういうものが挙げられるでしょう。

  • 人が使っていない
  • 最新の機能が使える
  • 最新のデザインの車に乗れる

一方でこれらの項目をデメリットとして捉える人もいます。例えば新車は気を使うから嫌だ、あまり目立ちたくない、というように

では定量的比較、定性的比較をあわせて公式にしてみましょう

比較公式(決定版)

新車を買ったほうが良い場合

中古車価格>新車価格➖新車価格➗120ヶ月✖購入時からの経過月数➖新車のメリット

中古車を買ったほうがいい場合

中古車価格<新車価格➖新車価格➗120ヶ月✖購入時からの経過月数➖新車のメリット

候補の車で検証しよう

前提条件

新車のメリットは認めるものの、私の状況においてはペーパードライバーに毛が生えた程度の妻に運転させるということもありメリット0として計算します。むしろ新車のメリットをネガティブに振って評価をしても良いくらいなのですがわけがわからなくなるので一旦0で。

また条件もできるだけ合わせるように新古車と4年落ちをカーセンサーで検索して比較します。新車の価格が若干低く見積もられることになりますが許容範囲ということで。

国産車

シエンタ/TOYOTA

公式
中古車価格[120万円]>新車価格[230万円]➖新車価格[230万円]➗120ヶ月✖購入時からの経過月数[48ヶ月]➖新車のメリット[0万円]

結果
中古車価格[120万円]<現状価値[130万円]

評価
新車価格の4.3%分、現状価値が高い結果となりました。
4年間新車に乗れたことと、この4.3%を比較することになりますが、さすがの中古車押しの私でもこの結果では新車を選びたくなりますね。

フリード/HONDA

公式
中古車価格[140万円]>新車価格[230万円]➖新車価格[230万円]➗120ヶ月✖購入時からの経過月数[48ヶ月]➖新車のメリット[0万円]

結果
中古車価格[140万円]>現状価値[130万円]

評価
衝撃です。新車価格の4.3%分、中古車価格が高い結果となりました。
これならさすがの私も新車に乗りますね。車両保険料などが少し高いなどはあると思いますが新車に乗っていたほうが安上がりだなんて信じられますか?

国産車総評

中古車の値段が落ちにくい傾向があるように思います。それが国産車全般の話なのか、ミニバン領域の話だけなのかは結構しなくてはわかりませんが、すくなくとも私がほしい系統の車では中古車の値段が落ちにくい傾向があることは確かです。国産車を買う場合は新車ですかね。

外国車

GOLF/VW

公式
中古車価格[150万円]>新車価格[300万円]➖新車価格[300万円]➗120ヶ月✖購入時からの経過月数[48ヶ月]➖新車のメリット[0万円]

結果
中古車価格[150万円]<現状価値[180万円]

評価
新車価格の10%分、現状価値が高い結果となりました。
中古車たるものこのくらいの価格差がないといけませんね。

V40/Volvo

公式
中古車価格[170万円]>新車価格[330万円]➖新車価格[330万円]➗120ヶ月✖購入時からの経過月数[48ヶ月]➖新車のメリット[0万円]

結果
中古車価格[170万円]<現状価値[198万円]

評価
新車価格の8.5%分、現状価値が高い結果となりました。

カングー/ルノー

公式
中古車価格[170万円]>新車価格[260万円]➖新車価格[260万円]➗120ヶ月✖購入時からの経過月数[48ヶ月]➖新車のメリット[0万円]

結果
中古車価格[170万円]>現状価値[156万円]

評価
新車価格の6%分、中古車価値が高い結果となりました。
ありえませんね。

レネゲート/ジープ

公式
中古車価格[250万円]>新車価格[350万円]➖新車価格[350万円]➗120ヶ月✖購入時からの経過月数[48ヶ月]➖新車のメリット[0万円]

結果
中古車価格[170万円]<現状価値[210万円]

評価
新車価格の11.4%分、現状価値が高い結果となりました。

外国車総評

ルノーのカングーはすこし例外として考えたほうがいいかもしれません。
概ね新車価格の8%中古車のほうが得という結果です。8%ということは4年で約4ヶ月分経済的だったと言うことになります。

総評

4年落ちの車の場合、国産ではほぼ中古車にメリットなし、外国車であれば8%程度中古車価格がこなれているという結果になりました。

中古車を検索してみたときの感覚と同じですね。

おそらく私は、国産車なら新車、外車なら中古車にすると思います。

おわり

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大広告