愛車探しの旅その6 / V40中古車

さて、第6弾はVOLVO V40の中古車市場です。

前回まででV40とインプレッサに100万円程度差があることがわかりました。
とは言ってもエンジンから何からV40のほうが上なので一概には言えませんが、100万円も差があると流石にインプレッサに傾いてしまっても仕方がありません。

というわけで、V40が新車インプレッサの価格に近づくのであればV40にしようと日々カーセンサーなどで研究をしておりました。

結論から申し上げると、V40の値落ちの速さは異常です。

御覧ください。

一番上は私が見積もりをとって430万円だったものとほぼ同じスペックのものから延長保証等が入っていないものです。
延長保証等を入れると300万ですのでたった10ヶ月・1000km走行で130万円も値下がりしていることになります。

不思議なのがVOLVOは異常なほど1年未満の低走行車が多いことです。

ネットで問い合わせしてみたところ、XC40/XC60の納期が長過ぎるため、そのつなぎの期間を格安でリースできる制度が作られており、1年未満かつ低走行車の中古が世の中に出回っているとのことでした。

ボルボ・カー・ジャパンは、納車まで約半年待ちとなっている2車種、『XC40』および『XC60』の購入者を対象に、納車までの間、他のボルボ車を低額で利用できる特別なリースプラン「ブリッジSMAVO」を設定している。

「SMAVO(スマボ)」とは「“スマ”ートに“ボ”ルボに乗れる」をコンセプトにした個人向けリースプランの名称だ。「ブリッジSMAVO」は、このリースプランを応用したプランだ。登録諸費用と車両本体価格1%(税込)の月額リース料で最長1年間、他の好きなボルボ車(新車)に乗ることができる。

リースなので丁寧に使われ、かつ距離も乗られていない車が多いそうです。

これはもうV40に決まりました。あとはエンジンとグレードと色を決めるばかりです。

購入可能性[中古検索前]

V40    60%
スバル 50% (インプレッサ or XV)

購入可能性[中古検索後]

V40    100%

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大広告